パパ活の社会学 援助交際、愛人契約と何が違う?がもうじき発売です。


↑さぁクリックして予約しましょう。
光文社新書からパパ活の本が出版されます。執筆はホワイトハンズ代表坂爪真吾さんです。

見本が来て今読み終わりました。
色んな人の意見が読めて面白かったです。特に女性側の本音は耳が痛いけど面白かったです。
ガマン料ね・・・(笑)。

私も登場しているのでぜひお読みください。読んで頂けたらどの部分が私かすぐわかります。
私とデートした女性はわかるだろうなぁ。「あいつバカじゃねーの。キモっ」くらいに思われてればいいなって思います。偉そうに語ってますので、冷ややかな視線で見てもらえればと思います。

第6章でユニバース倶楽部の木田さんのインタビューがあって、ふむふむと思いながら、まぁでもやっぱりパパ活=援助交際ってイメージにならないようにするのは難しいだろうなぁと思いつつ。
そしていつ警察がくるかもわからんですね。あとマーケティング手法についてそこまで書いてええんかい?と思いつつ。
経営者が夢を語るのは良いことだと思います。夢がなければやってけないですもんね。

女性の本音が知りたい男性にも、男性の本音が知りたい女性にも、交際クラブってなんなのって思っている人にもオススメです。



パパ活するならオンライン交際クラブ「paters(ペイターズ)」