そんなことで幸せ感じるなんて安いやつだと自分でも思います。
IMG_1120

実は最近ちょっと無理がたたって身体を壊し気味でドクターストップがかかっておりました。
まだ後遺症が残っています。頭の中身が元気なので仕事するうえでは全く問題ないのが悲しい。

救急病院に行って、ひと段落してから約束の日はちょっと無理っぽいなと思って連絡。
「大丈夫?」
「大丈夫だよ。頭動いてるし」
「そういう問題じゃなくて、ストレスと不摂生から来てるんだから休んで。いいから休んで」

と言われてしまい3日も休んだらかえって仕事がたまってしまってさー大変。

でもびっくりしたのは、それから2.3日して
「明日部屋行っても大丈夫?顔見ておかないと安心できない」と東京での稽古の合間に来てくれました。普段は芝居の稽古中は役入るから1人と言っていたのになんかうれしかったです。

飲んでる薬の関係で免疫が下がってて熱があったので、家で二人で晩御飯食べて、彼女は飲みながら、私は生姜湯飲みながらいろんなことしゃべって、次の日は地元で稽古なので朝早く帰っていきました。

そしたらあら不思議、少し病状も良くなって先生にもちょっとよくなりましたねって言われました。
人間って単純ですね。

でもなによりかによりびっくりしたのが、こと今回に関しては彼女が「交通費、お手当」についてなにも今の時点で言及がないこと。過去に東京で会った時、彼女が女の子の日が急に来てHなしでも「お手当+交通費」は渡してました。

言わないだけで待ってるのかな。そんな駆け引きも面白い今日この頃です。

パパ活するならオンライン交際クラブ「paters(ペイターズ)」